映画「花戦さ」|動画を高画質で!

どもー!
enjoyラボラトリーです(*’ω’*)タノシクイコウ

映画「花戦さ」

映画「花戦さ」を探すなら断然ココ!

どこも探しても見つからない~~~!!!

できるなら、どうしても気になって今すぐ観たい!

そんなときは、やっぱ大手のTSUTAYAディスカスが最後の砦ですね(*^^*)

さんざんアレコレ調査しましたが、それが何だかんだ近道です。

無料からですし。

なによりデジタルに疎くても親切で、てっとりばやく作品を視聴するにはベストです~!


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

それに違法の無料アップロードされた動画は危険がいっぱい(泣)

たとえば・・・

YouTubeデイリーモーション

パンドラAniTube

このあたりは許可もなくアップロードされた動画ばかり。

下手したら罰則もあるので、あまり堂々と楽しむのには不向き…

だから無料キャンペーンのうちに、大手TSUTAYAの宅配&動画配信サービスを使うのがベストです。

もう映画クラスタのあいだでは当たり前になってきていますけど、まだの方はぜひ試しみてくださいね。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

ホントに映画「花戦さ」は面白い?レビューを集めました

思いっきり結末がわかるようなネタバレもあったりしますので注意!

でも、みていて面白いですよ(*´ω`*)

こんなに素敵な作品に出会ったのは初めてかもしれない。 2回観に行っ…
こんなに素敵な作品に出会ったのは初めてかもしれない。2回観に行ったけど、2回と言わず、3回、4回、、、何度でもみたい!!DVD出たら絶対買う(*´∇`*)パンフレットとサウンドトラック、公式本やムック、扇子などなど、花戦さに関するものは全部買った。映画グッズをこんなに買うのも初めて♪

生け花や歴史に詳しくなくても、ストーリーは入ってくるし、とても楽しく観ることができた。むしろ、知らないからこそ楽しめた部分もあると思う。立花の生け方、仕組みには驚いた!まさかあんな技だったとは!?さすが生け花発祥、そして池坊555年の歴史!

専好さんの人柄や活躍にはもちろん感動したけど、他の人物も興味深く、個人的には特に千利休が印象深い!専好さんや秀吉との関係、自分の意思を貫く逞しさ、最後まで諦めない強さには感心させられた。また、信長のシーンは短かったものの、「茶と花を、人の心を大事にせよ。」の言葉は素晴らしく重みがあり、考えさせられるものがある。人の上に立つ者として、こういったことを素直に言える人は、今の世の中少ないのではないだろうか、、、

ジーンとくるシーンもあれば、ちょっと吹き出してしまうシーンもあり、ほんとに何度みても飽きない作品。いい作品に出会えた。個人的にはほんとにハマったので、花戦さを基準にしてしまうと、これから他の映画を見た時に、いい作品であってもちょっとがっかりしそう、、、

花の戦さの真髄。命を懸けて訴えた、“それぞれの良さ”。
【賛否両論チェック】
賛:殺伐とした時代にあって、〝花”をもって人々の心に訴えかけていった主人公・専好の人となりが、微笑ましくも感動を誘う。
否:展開はかなり淡々としているので、観ていて眠くなってしまいそう。

戦国時代という殺伐とした時代にあって、“生け花”で平安を願った僧侶達。その中でも異彩を放っていた主人公・専好の姿が、四季折々の様々な花の彩と共に描かれていくのが印象的です。個人的には、口をきこうとしない少女・れんに、専好が蓮の花を使って心を開いたシーンがステキでした。
そしてそんな専好が、暴君と化した秀吉に対し、生け花を通して訴えかける“人間それぞれが持つ良さ”というテーマも、また感動を誘います。ラストの専好の鬼気迫る迫力には、思わず圧倒されてしまいます。
想像に違わず、時代劇の中ではかなり静かで淡々と進む物語なので、下手をすると眠くなってしまうかも知れませんが、権力に花で立ち向かった勇気ある花僧の生き様を、是非ご覧になってみて下さい。

萬斎劇場
狂言師野村萬斎劇場笑いあり涙ありドタバタ劇
終わりも笑いで締めておりよかった

映画「花戦さ」 pandra

画面の美しさ❗️
キャストに引かれ、見に行きました。
お花も豪華で綺麗すが、野村萬齏さんを筆頭にスクリーンに居るだけで、華やぐ役者さんばかり‼️圧倒され、あっという間の時間でした。
拘って悪いか。
生け花に疎い自分ですらあれほどの木花の美には心を奪われる。暴君と化した秀吉の粛清が後半かなり残酷度を増すまで、前半はほのぼののんびりとした味わいが若干長く感じられるものの、池坊専好のお人柄が野村萬斎にピッタリで楽しめる。そんなに物忘れが酷くて(またこういう話か)大丈夫なの?と思うほどの重要ポストに座らされるものの、持ち前の明るさと人の良さで次々と町民をも虜にするのだが…。
利休が拘った黒い茶碗だが人には拘りたいものが一つ位ある。他人から見れば何だそんなと思うような趣向や習慣が当人にとっては大切な選択だったり、何を言われようと曲げたくない頑固さを持つ。そんな拘りに対して「あぁそれもアリだね」と認められない傲慢な性格を持った現代人もたまに見受けられるが、さらに異常に攻撃する狂人の悍ましさを見た思い。〇〇には〇〇の、✖✖には✖✖の…という専好の台詞にその通り!と心で拍手。それぞれに美、それぞれに心、それぞれに趣があって、芸術って生まれるんじゃないの。

引用:映画.com

なんともザワザワ・・・

まだ観ていない方は要チェックです。

TSUTAYAディスカスなら、ほかの作品やジャンル、つまり品揃えが抜群にイイですよ~!

圧倒的オススメ。


映画「花戦さ」 無料動画

私も無料からスタートして、今やヘビーな継続ユーザーです(*´∀`)


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

映画「花戦さ」のほかにも、気になった作品をどんどんリストに突っ込んでおくと後々便利ですよ!

いざというときは、すぐに解約もネット上でできてしまいます。

そのあたりの潔さも好感もてますねw

どこかに出かけていって手続きする必要もなく、今すぐ観れて重宝しています(*^^*)

まずは無料キャンペーン中にざ~っとイジってみると、どんな感じか分かると思います。

以上、「映画「花戦さ」|動画を高画質で!」でした!

映画「花戦さ」 フル視聴

1人の時間がすこしでもenjoyできますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする