映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」をフル無料視聴!?

どもー!
enjoyラボラトリーです(*’ω’*)タノシクイコウ

映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」

映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」を探すなら断然ココ!

どこも探しても見つからない~~~!!!

できるなら、どうしても気になって今すぐ観たい!

そんなときは、やっぱ大手のTSUTAYAディスカスが最後の砦ですね(*^^*)

さんざんアレコレ調査しましたが、それが何だかんだ近道です。

無料からですし。

なによりデジタルに疎くても親切で、てっとりばやく作品を視聴するにはベストです~!


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

それに違法の無料アップロードされた動画は危険がいっぱい(泣)

たとえば・・・

YouTubeデイリーモーション

パンドラAniTube

このあたりは許可もなくアップロードされた動画ばかり。

下手したら罰則もあるので、あまり堂々と楽しむのには不向き…

だから無料キャンペーンのうちに、大手TSUTAYAの宅配&動画配信サービスを使うのがベストです。

もう映画クラスタのあいだでは当たり前になってきていますけど、まだの方はぜひ試しみてくださいね。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

ホントに映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」は面白い?レビューを集めました

思いっきり結末がわかるようなネタバレもあったりしますので注意!

でも、みていて面白いですよ(*´ω`*)

沖縄のしなやかさ。
タイトルとは裏腹に、カメジローさんは なんだか愛くるしい。本人映像に会場から笑みがこぼれる。カメジローさんの不屈は、強固というよりしなやかだ。何度アメリカに潰されても、ひょっこり起き上がる。ここに沖縄の強さがあると思う。明るい日差し。青い海。陽気な音楽。でも、その笑顔の裏側には不屈の魂がある。その礎をつくったひと。「この瀬長ひとりが叫んだならば」と民心をひとつにする。
ひどい地上戦を経験して、’72年までアメリカの統治下で、基地は治外法権で。沖縄は今も戦っている。現在も続くその戦いの様が映像に映し出され、涙が止まらなかった。アメリカの理不尽に立ち上がった男。いや、立ち上がらなかった男。あの写真には震えたわ。強烈だ。惚れるわこりゃ男でも。こんな風に生きたいもんだ。
ポツダム宣言の感動を共有する
権力は必ず腐敗する。民主主義が保たれるためには政治権力の交代が必須である。民衆は強権に確執を醸すことを忘れてはならない。しかし強権は屡々警察その他の暴力装置を用いて反権力の人々を弾圧する。時に名声を貶め、時に拘束して拷問する。強権に対峙し声を上げて反対するためには、死をも覚悟した上でなければならなかった。

沖縄における米軍は、暴力装置そのものである。戦後間もなくから現在に至るまで、無辜の沖縄の人々を無残に殺してきた。多くの女性や子供が海兵隊に強かん(映画.comではかんの漢字が使えない)され暴行されている。圧倒的な暴力に対して、反対の声を上げることは勇気のいることだ。夜の闇に紛れて米兵を暗殺する方がまだ簡単かもしれない。衆人の見守る中で正々堂々と米軍を否定する亀次郎は、沖縄人の勇気の象徴であり、拠るべき砦であった。亀次郎の強さは暴力をものともせず主張すべきことを主張する精神力にある。明治以来の富国強兵のパラダイムの中で育った彼にとって、ポツダム宣言の次の文言は衝撃的であった。

宗教及思想ノ自由並ニ基本的人権ノ尊重ハ確立セラルヘシ
民主主義を知らなかった人間にとって、何を信じても何を考えてもいい、何を言っても書いてもいい、人間にはその権利があるという考え方は、新鮮そのものだ。そこには自由と人権がある。暴力に屈せず、暴力によることなく、自由と人権を手に入れる。スパルタカスの昔から人間に根源的に宿る思いだ。ポツダム宣言の文言に触れた亀次郎の感動は、現在の我々も共有する感動である。国家主義に負けず、組織の大義名分に負けず、友達グループの掟にも負けず、自由と人権を主張しなければならない。友達から無視されても、村八分になっても、会社を馘になっても、逮捕され絞首台に向かうことになっても、なお主張しなければならないのだ。

亀次郎は沖縄の自由と人権を死ぬまで主張し続ける本物の強さを持っていた。暴力が彼を拘束し貶めても屈することなく立ち上がり続けた。我々も同じ強さを持つことができるだろうか。特定秘密保護法と共謀罪が自由と人権を封じようとしている現在、亀次郎が生きていたらどう行動するだろうか。

不屈
本日映画館で観て来ました。幾度となく繰り返される米軍や財政界からの弾圧にもひょこっと立ち上がるカメジロー。まさしく不屈の男。愛する沖縄を守る為に闘い続ける姿に武者震いしまた彼の人柄に涙が溢れました。

映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」 pandra

リーダーのカリスマ性
大きな権力や組織に立ち向かい、民衆を扇動するには強いリーダーシップが必要だったり、またそのリーダーシップを持つには、カリスマ性が必要だったり、闇雲に反抗分子として存在するのではなく、強い信念を持ち、異を唱えるだけの知識も必要でしょう。だが、このカメジローからは人びとを惹きつけるカリスマ性や人望も感じなかった。自分の受け止めかたが貧弱だからか、少なくともこの映画から、カメジローの魅力は伝わらなかった。
ただ、この飄々とした風貌からは想像もつかない不屈の精神はどこから湧いてくるのか、カメジローという人物にとても興味を持った。
原点
沖縄をなんとかしたい。沖縄の人をなんとかしなければいけない。だからこそ、政治が必要だ。だからこそ、政治家が必要なんだ。『政治家の原点』という当たり前の事を目の当たりにして、目から鱗が落ちる思いで鑑賞しました。また、アメリカ統治下で暮らす沖縄県民への迫害がここまで酷いとは、想像もしていませんでした。
権力欲しさに日本を売っている政治家が愛国者の様に報じられていますが、真の愛国者はカメジローの様な政治家だと思います。「オール沖縄」という連帯も、さかのぼればカメジローが原点。カメジローを支え続けたのも「オール沖縄」を支えたのも沖縄県民です。不屈の魂は時空を超える。だって、カメジローは、ずっとずっと沖縄県民、いや私達の民意の象徴なのだから。だから、私にもカメジローの魂が乗り移ります。極めて重要なこの時期にカメジローを蘇らせてくれた監督の熱意と願いに敬意を込めて。

引用:映画.com

なんともザワザワ・・・

まだ観ていない方は要チェックです。

TSUTAYAディスカスなら、ほかの作品やジャンル、つまり品揃えが抜群にイイですよ~!

圧倒的オススメ。


映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」 無料動画

私も無料からスタートして、今やヘビーな継続ユーザーです(*´∀`)


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」のほかにも、気になった作品をどんどんリストに突っ込んでおくと後々便利ですよ!

いざというときは、すぐに解約もネット上でできてしまいます。

そのあたりの潔さも好感もてますねw

どこかに出かけていって手続きする必要もなく、今すぐ観れて重宝しています(*^^*)

まずは無料キャンペーン中にざ~っとイジってみると、どんな感じか分かると思います。

以上、「映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」をフル無料視聴!?」でした!

映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」 フル視聴

1人の時間がすこしでもenjoyできますように。